24時間365日本を読む! 書評ブログ

読んだ本・音楽・映画を紹介しています。

その他

『暴力と不平等の人類史 戦争・革命・崩壊・疫病』

暴力と不平等の人類史: 戦争・革命・崩壊・疫病 作者:シャイデル,ウォルター 東洋経済新報社 Amazon 『暴力と不平等の人類史 戦争・革命・崩壊・疫病』(ウォルター・シャイデル 鬼澤忍・塩原通緒[訳] 東洋経済新報社)を読了した。とにかく分厚い本だ。凶…

『現代 刑務所の作法』

現代 刑務所の作法 作者:河合 幹雄 G.B. Amazon 『現代 刑務所の作法』(川合幹雄 株式会社G.B.)を読了した。刑務所に入るとどうなるのか? 知りたい人は読んでみてはどうだろう。この本を読むとシミュレーションできるかもしれない。私もいざとなったら刑…

『反穀物の人類史 国家誕生のディープヒストリー』

反穀物の人類史――国家誕生のディープヒストリー 作者:ジェームズ・C・スコット みすず書房 Amazon 『反穀物の人類史 国家誕生のディープヒストリー』(立木勝訳 ジェームズ・C・スコット みすず書房)を読了した。私はジェームズ・C・スコットのことは知らな…

『ソミア 脱国家の世界史』

ゾミア―― 脱国家の世界史 作者:ジェームズ・C・スコット みすず書房 Amazon 『ソミア 脱国家の世界史』(ジェームズ・C・スコット 佐藤仁監訳 池田一人・今村真央・久保忠行・田崎郁子・内藤大輔・中井仙丈共訳 みすず書房)を読んだ。とにかく分厚い本で、…

『僕はなぜ小屋で暮らすようになったか 生と死と哲学を巡って』

僕はなぜ小屋で暮らすようになったか 生と死と哲学を巡って (DOBOOKS) 作者:高村 友也 同文舘出版 Amazon 『僕はなぜ小屋で暮らすようになったか 生と死と哲学を巡って』(髙村友也 同文舘出版)、を読了した。小屋での暮らしには憧れるが、実際には厳しいだ…

『消費ミニマリズムの倫理 脱資本主義の精神』

消費ミニマリズムの倫理と脱資本主義の精神 (筑摩選書) 作者:橋本努 筑摩書房 Amazon 『消費ミニマリズムの倫理と脱資本主義の精神』(橋本努 筑摩書房 筑摩選書)を、読んだ。消費ミニマリズム・脱資本主義など、いろいろなキーワードが出てくる。理屈っぽ…

2022年版 いちばんわかりやすい確定申告の書き方 令和4年3月15日締切分

いちばんわかりやすい確定申告の書き方 令和4年3月15日締切分 ダイヤモンド社 Amazon 『2022年版 いちばんわかりやすい確定申告の書き方 令和4年3月15日締切分』(ダイヤモンド社)は、大きくて理解しやすい。とはいえコスパが高いとはさして思えないのだが…

『「世帯分離」で家計を守る 改訂版 社会保障費を節約する方法』

「世帯分離」で家計を守る[改訂版] 作者:太田 哲二 中央経済社 Amazon 『改訂版 社会保障費を節約する方法』(太田哲二[著] 中央経済社)は、家計防衛のための世帯分離に興味のある人に読んでほしい。世帯分離という技を使い、節約して賢くなろう。読み終…

『みんなの人権教室』

『みんなの人権教室』(川内俊彦 解放出版社)は、30年以上前に出た本だが、ためになった。『やさしい人権教室』(川内俊彦 解放出版社)も読んでみようと思う。差別はなくすことができるのかは、難しいだろう。やはり世間が敵なのかもしれない。支配階級に…

『炎上・犯罪に巻き込まれない!SNS時代を生き抜く最新護身術 脱ネット・スマホ中毒Ver.2.0』

脱ネット・スマホ中毒 ver.2.0: 炎上・犯罪に巻き込まれない!SNS時代を生き抜く最新護身術 作者:遠藤 美季 誠文堂新光社 Amazon 『炎上・犯罪に巻き込まれない!SNS時代を生き抜く最新護身術 脱ネット・スマホ中毒Ver.2.0』(著者遠藤美季 漫画高橋玲 誠文堂…

『月4万円とボーナスではじめる 新しいFIRE入門 不動産投資による堅実なSide FIRE戦略』

月4万円とボーナスではじめる 新しいFIRE入門 不動産投資による堅実なSide FIRE戦略 作者:岩脇 勇人 秀和システム Amazon 『月4万円とボーナスではじめる 新しいFIRE入門 不動産投資による堅実なSide FIRE戦略』(岩脇勇人 秀和システム)は、とりあえずFIRE…

『現代思想の冒険者たち26 フーコー 知と権力』

『現代思想の冒険者たち26 フーコー 知と権力』(桜井哲夫 講談社)は、20年以上前に出た本だ。フーコーの評伝と思わなかったが、とりあえず読んでみた。『狂気の歴史』・『監視と処罰――監獄の誕生』は読んでみようと思ったが、もちろん読解力がなく、読める…

『障害のある子が将来にわたって受けられるサービスのすべて』

障害のある子が将来にわたって受けられるサービスのすべて 自由国民社 Amazon 『障害のある子が将来にわたって受けられるサービスのすべて』(監修渡部伸 自由国民社)は、「第6章 親が亡くなったあとわが子はどうなるか?」(133ページ)が役に立った。読み…

『これならわかる<スッキリ図解>精神保健福祉制度のきほん』

これならわかる〈スッキリ図解〉精神保健福祉制度のきほん 作者:二本柳 覚,石井 佳葉,茂本 由紀 翔泳社 Amazon 『これならわかる<スッキリ図解>精神保健福祉制度のきほん』(二本柳覚編著 石井佳葉 茂本由紀著 翔泳社)は、分かりやすい。精神科に興味のあ…

『職業治験 治験で1000万円稼いだ男の病的な日々』

職業治験 治験で1000万円稼いだ男の病的な日々 作者:八雲星次 幻冬舎 Amazon 『職業治験 治験で1000万円稼いだ男の病的な日々』(八雲星次 幻冬舎)は、電子書籍ではなく、単行本で読んだ。内容は好奇心をそそられるし、率直に言って面白かった。以前から治…

『サイバーセキュリティ読本』

サイバーセキュリティ読本 作者:一田和樹 原書房 Amazon 『サイバーセキュリティ読本』(一田和樹 原書房)は、読み物として面白い。「Act.2 スマートフォンは穴のあいた財布」・「Act.3 フェイスブックやツイッターは個人情報拡散装置、自爆テロ」は、役に…

『年収100万円の豊かな節約生活術』

年収100万円の豊かな節約生活術 作者:山崎 寿人 文藝春秋 Amazon 『年収100万円の豊かな節約生活術』(山崎寿人 文藝春秋)は、電子書籍で読んだ。文庫でももう中古でしか入手できないかもしれない。この本の著者の場合、セミリタイアになるのだろう。しかし…

『ひとり暮らし完全サポートBOOK』

ひとり暮らし完全サポートBOOK 主婦と生活社 Amazon 『ひとり暮らし完全サポートBOOK』(主婦と生活社)は、本体1000円+税なので安いし、コンパクトにまとまっている。カラーもあるし、情報量が多くて、情報もまだ古くもないし、とりあえずこれ1冊あれば安…

『新装版 まだ見ぬ書き手へ』

新装版 まだ見ぬ書き手へ ( ) 作者:丸山健二 出版共同流通 Amazon 『新装版 まだ見ぬ書き手へ』(丸山健二 眞人堂)は、『まだ見ぬ書き手へ』を再出版したもので、書き手の心構えが書いてある。Ⅱでは、「道具のこと 79ページ」・「交友関係の整理を 81ページ…

『かんたん出版マニュアル 出版社社長が明かす本を出す方法』

かんたん出版マニュアル 作者:杉浦浩司 牧村康正(スーパーバイザー) 星雲社 Amazon 『かんたん出版マニュアル 出版社社長が明かす本を出す方法』(杉浦浩司 みなみ出版)は、書店で購入したわけでもなく、たまたま懸賞で手に入れた。しかし内容は面白かった…

『元警察署長が教える お巡りさんの上手な使い方』

元警察署長が教えるお巡りさんの上手な使い方 作者:石橋吾朗 双葉社 Amazon 『元警察署長が教える お巡りさんの上手な使い方』(石橋吾朗 双葉社)は、リアルな警察について知ることができる。警察についてたくさんの情報を得ることができる。しかしタイトル…

『ネット中傷駆け込み寺』

ネット中傷 駆け込み寺 作者:佐藤 佳弘,スマイリー キクチ 武蔵野大学出版会 Amazon 『ネット中傷駆け込み寺』(佐藤佳弘/スマイリーキクチ 武蔵野大学出版会)は、ネット被害の実態がよく分かるだろう。インターネットによる人権侵害はひどいものがあるが…

『シリーズ世界の思想 マルクス 資本論』

マルクス 資本論 シリーズ世界の思想 (角川選書) 作者:佐々木 隆治 KADOKAWA Amazon 『シリーズ世界の思想 マルクス 資本論』(佐々木隆治 角川選書)は、入門書らしいが、それでもすらすら読めるわけでもなく、難しい。個人的には「第三篇 絶対的剰余価値の…

『1日1時間から稼ぐ 副業ライターのはじめ方 第3版』

1日1時間から稼ぐ 副業ライターのはじめ方──先行き不透明な時代の自己防衛術 作者:しげぞう 自由国民社 Amazon 『1日1時間から稼ぐ 副業ライターのはじめ方 第3版』(しげぞう著 自由国民社)は、おそらく初心者向けなのだろう。とりあえず必要な情報は網羅…

『脱資本主義宣言 グローバル経済が蝕む暮らし』

脱資本主義宣言―グローバル経済が蝕む暮らし 作者:鶴見 済 新潮社 Amazon 著書に『完全自殺マニュアル』がある鶴見済さんの『脱資本主義宣言 グローバル経済が蝕む暮らし』(鶴見済 新潮社)は、「第3章 初心者のための〝批判的〟経済入門」まではためになる…

『0円で生きる 小さくても豊かな経済の作り方』

0円で生きる: 小さくても豊かな経済の作り方 作者:済, 鶴見 新潮社 Amazon 『0円で生きる 小さくても豊かな経済の作り方』(鶴見済 新潮社)は、反資本主義的な本だろう。内容は読者の好みもあるだろうが、面白いと思う。『脱資本主義宣言 グローバル経済が…

『ここが知りたい! デジタル遺品 デジタルの遺品・資産を開く!託す!隠す!』

ここが知りたい! デジタル遺品 デジタルの遺品・資産を開く!託す!隠す! これで安心! 作者:古田 雄介 技術評論社 Amazon 『ここが知りたい! デジタル遺品 デジタルの遺品・資産を開く!託す!隠す!』 (吉田雄介著 技術評論社)はいい本で、皆が読むべ…

『ニートの歩き方 お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法』

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法 作者:pha 技術評論社 Amazon 『ニートの歩き方 お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法』(pha 技術評論社)は、面白い本だ。phaさんはニートではなく、フリーランス…

© 2021-2022 24時間365日本を読む! 書評ブログ